えごのき (えごの木)

Styrax japonica

Styrax japonica

Styrax japonica

Styrax japonica

Styrax japonica

Styrax japonica

Styrax japonica

Styrax japonica

Styrax japonica

Styrax japonica

わが国の北海道南部から本州、四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布しています。山地の林内や谷間、小川のほとりなどやや湿ったところに生え、高さは7〜8メートルになります。葉は卵形で先端が尖り、互生します。5月から6月ごろ、本年枝の先に白色の花を1〜4個下垂して咲かせます。ほのかな優しい香りがあります。果皮にはサボニンが含まれ、石けんの代わりにもなります。名前は、果皮にえぐみがあることから。別名で「ちしゃのき」とも呼ばれます。 
エゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木で、学名は Styrax japonica。
英名は Japanese storax。 
The Japanese storax (Styrax japonica) belongs to the family Styracaceae. It is a semi-tall deciduous tree that is distributed from southern Hokkaido to Honshu, Shikoku, Kyushu of Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This tree grows in waste montane forests, dales or along streams and can reach 7-8 m in height. The leaves are ovate with acute tips and opposite. The 1-4 drooping, white flowers come on the terminal new branches from May to June. They have delicate soft fragrance. The seedcases contain saponin and used as a substitute for soap. 
[上・中1] 岐阜県八百津町潮見にて、2007年06月07日撮影。
[中2] 岐阜県郡上市高鷲町「ひるがの湿原植物園」にて、
2007年09月07日撮影。
[中3・中4] 茨城県稲敷市光葉にて、2011年06月20日撮影。
[中5〜8・下] 千葉県香取市仁良にて、2013年05月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp