エイクホルニア・アズレア

Eichhornia azurea

Eichhornia azurea

Eichhornia azurea

Eichhornia azurea

ブラジルの亜熱帯地方が原産です。水中葉は細長く対生し、「やし
(椰子)」の葉を連想させます。水中葉は水草として鑑賞されます。で
も成長してくると水面上に大きな水上葉を広げ、水中葉は枯れてしま
います。「ほていあおい」の仲間ですが、花弁の縁に細かな鋸歯があ
るのが特徴です。
ミズアオイ科ホテイアオイ属の多年草で、学名は Eichhornia azurea。
英名は Anchored water hyacinth。
Anchored water hyacinth (Eichhornia azurea) belongs to the
Pontederiaceae (the Pickerelweed family). It is a perennial herb that is
native to the sub-trocial regeon in Brazil. The aquatic leaves are slender,
opposite and suggestive of the fronds of a palm. They are used as an
ornamental aquatic plant. The large floating leaves are borne on the water
surface when the plant grow mature. The flowers are pale bluish-purple
with fine toothed edges.
[上・中1] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年11月15日撮影。
[中2・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年08月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp