えいざんすみれ (叡山菫) [Index] [Back]

Viola eizanensis

Viola eizanensis

Viola eizanensis

Viola eizanensis

Viola eizanensis

Viola eizanensis

Viola eizanensis

Viola eizanensis

Viola eizanensis

Viola eizanensis

Viola eizanensis

Viola eizanensis

Viola eizanensis

Viola eizanensis

わが国の固有種で、本州から四国・九州に分布しています。山地の林内や斜面に生え、高さは5〜15センチになります。葉は3出複葉で、小葉はさらに細裂します。3月から5月ごろ、淡い紅色から白色の花を咲かせます。花弁には赤紫色の筋があり、側弁の基部には毛が生えています。
スミレ科スミレ属の多年草で、学名は Viola eizanensis。
英名はありません。
"Eizan-sumire" (Viola eizanensis) belongs to the Violaceae (the Viola family). It is a perennial herb that is an endemic species of Japan and distributed from Honshu to Shikoku and Kyushu. This herb grows in montane forests or slopes and can reach 5-15 cm in height. The leaves are trifoliate and finely dissected. The pale rose-pink to white flowers come in March to May. The petals have reddish-purple stripes on the surface. The lateral petals have hairs at the bases.
[上・中1〜3] 群馬県富士見町「赤城山」にて、
2008年04月27日撮影。
[中4・中5] 茨城県つくば市「筑波山」にて、2013年04月13日撮影。
[中6・中7] 同上にて、2014年04月12日撮影。
[中8・中9] 福島県古殿町「鎌倉山」にて、2014年04月19日撮影。
[中10・中11] 福島県いわき市「仏具山」にて、
2014年04月20日撮影。
[中12・下] 栃木県日光市「霧降高原」にて、2016年04月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp