えんばく (燕麦) [Index] [Back]

Avena sativa

Avena sativa

Avena sativa

Avena sativa

Avena sativa

Avena sativa

ユーラシア大陸が原産です。有史以前から栽培されていました。高さは1メートルほどになります。茎や葉、種子などを家畜の飼料とするほか、種子はオートミールやアルコールの原料ととして食用にされます。また、新芽を猫が食べる習性があるため、室内で飼われている猫や犬が食べる「猫草(ねこぐさ)」としても販売されています。
イネ科カラスムギ属の一年草または二年草で、学名は Avena sativa。英名は Oat、Common oat。
Oat belongs to Poaceae (the Grass family). It is an annual or biennial herb that is native to Eurasian Continent. It has been cultivated before recorded history. This herb can reach about 1 m in height. The stems, leaves and seeds are used as livestock feed, and the seeds are also used as oatmeal and raw materials of alcohol. Oat seeds are commonly marketed as cat grass to cat favorites since cats eat tender young sprouts.
[上・中1〜2] 千葉県香取市大角にて、2011年07月27日撮影。
[中3] 千葉県香取市下飯田にて、2008年07月28日撮影。
[中4] 同上にて、2008年08月01日撮影。
[下] スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp