えんぴつびゃくしん (鉛筆柏槙)

Juniperus virginiana

Juniperus virginiana

Juniperus virginiana

Juniperus virginiana

Juniperus virginiana

アメリカの東部から中部それにロッキー山脈の西部と最も広く分布し
ています。乾燥した山地から氾濫原、湿地までに生え、高さは12〜
18メートルになります。樹皮は赤褐色で繊維質、縦に裂けて薄く剥
離します。葉は鱗片状で十字対生します。果実は直径1センチほど
の球果で、濃青色に熟します。心材はかつては最上のエンピツ用材
でしたが、今ではシーダー油(シダーウッド)の原料にされています。
ふつうに「レッドシーダー」といえば本種のことです。
ヒノキ科ネズミサシ属の常緑高木で、学名は Juniperus virginiana。
英名は Eastern redcedar, Red juniper。
Eastern redcedar (Juniperus virginiana) belongs to Cupressaceae (Cypress
family). It is an evergreen tall tree that is native to United States; from
eastern to central and west Rocky Mountains. This tree occurs in arid
mountains, flood plains or swamps and can reach 12-18 m in height. The
barks are reddish brown, fibrous and shallow-furrowed longitudially. The
leaves are scalelike and decussate. The fruits are strobiles and ripen in dark
blue. The timber was used as a pencil lead, thought it is now used for raw
material of ceder oil.
[上・中1] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2007年10月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、
2005年10月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp