エンダイブ (菊苣) [Index] [Back]

Cichorium endivia

Cichorium endivia

地中海沿岸が原産です。茎は短く、ロゼット状に葉がつきます。葉は品種によって、幅広でフラットであったり、カールしていたり、縮れていたりと様々です。葉はサラダ用に生食されます。夏、高さ50〜150センチになる花茎を伸ばし、直径4センチほどの淡青色の頭花を咲かせます。栽培されているエンダイブには、おもに2系統の品種があります。ひとつは「カーリーエンダイブ」、もうひとつは「エスカロール(広葉)エンダイブ」です。和名では「きくぢしゃ(菊苣)」と呼ばれます。 
キク科キクニガナ属の一年草または二年草で、学名は Cichorium endivia。英名は Endive。 
The Endive (Cichorium endivia) belongs to Asteraceae (the Aster family). It is an annual or a biennial herb that is native to the Mediterranean. This herb is short stemmed with a rosette of leaves. The leaves are broad and flat, curly or frizzy depending in the variety. They are eaten fresh as a salad green. The flowering stalk (50-150 cm in height) is borne and bloom pale-blue flower-heads about 4 cm across in summer. There are two main varieties of cultivated endive: Curly endive (var. crispum) and Escarole, or broad-leaved, endive (var. latifolia). 
[上] 千葉県香取市大角にて、2013年03月06日撮影。
[下] 同上にて、2012年08月24日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp