えんどう (豌豆)

Pisum sativum

Pisum sativum

Pisum sativum

Pisum sativum

Pisum sativum

Pisum sativum

Pisum sativum

Pisum sativum

Pisum sativum

Pisum sativum

Pisum sativum

中央アジアから地中海沿岸が原産です。古代ギリシア、ローマ時代
にはすでに栽培されていたといいます。わが国には16世紀ごろに渡
来しました。巻きひげをからませて成長するため、ふつうは支柱を立
てて栽培します。4月から5月ごろ、赤色や紫色、それに白色などの
蝶形花を咲かせます。莢用品種もあり、「さやえんどう(莢豌豆)」とか
「きぬさや(絹莢)」と呼ばれています。
写真の下2枚は「ツタンカーメンのえんどう」と呼ばれるものです。ツタ
ンカーメンの王墓から発掘され、それが「おおがはす」のように現代
に蘇ったものとされますが、かなり怪しげな話しのようです。
マメ科エンドウ属の一年草で、学名は Pisum sativum。
英名は Pea。
Pea belongs to Fabaceae (the Pea family). It is an annual herb that is native
to Central Asia and coastal area of the Mediterranean Sea. This herb was
cultivated in Ancient Greece and the days of the Romans. It was
introduced into Japan in 16th century. The vining cultivars grow thin tendrils
from leaves that coil around any available support. Red or purple, white
papilionaceous flowers come in April to May. There is some varieties
which legumes are cooked as a vegetable.
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年04月17日撮影。
[中2] 同上にて、2004年05月03日撮影。
[中3] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年05月16日撮影。
[中4] 同上にて、2007年01月31日撮影。
[中5] 大阪府交野市星田北にて、2007年02月24日撮影。
[中6・下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。
[中7] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年04月09日撮影。
[中8・中9] 千葉県香取市大角にて、2010年05月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp