エンゲルマンニア・ペリステニア

Engelmannia peristenia

Engelmannia peristenia

Engelmannia peristenia

Engelmannia peristenia

Engelmannia peristenia

Engelmannia peristenia

Engelmannia peristenia

アメリカの中部、サウスダコタ州からテキサス州、アリゾナ州に分布し
ています。平原や大草原にふつうに生え、高さは30〜90センチにな
ります。全体に粗毛が生え、羽状に深裂した葉が互生します。上部
の葉には粗い鋸歯があります。4月から7月ごろ、茎頂や葉腋から花
梗をのばし、黄色い頭花を咲かせます。舌状花は8〜10個ありま
す。「ヒマワリ」の近縁ですが、花が太陽の光で開き、夜には閉じると
いう特徴があります。
キク科エンゲルマンニア属の多年草で、学名は Engelmannia peristenia
(syn. E. pinnatifida)。英名は Engelmann's daisy, Cut-leaved daisy。
Engelmann's daisy belongs to Asteraceae (Aster family). It is a perennial
herb that is distributed in central USA, from South Dakota to Texas,
Arizona. This herb commonly occurs in plaines and prairies, and can reach
30-90 cm in height. It is covered with rough hairs, and the leaves are
alternate and deeply cut pinnately. The upper leaves often have coarse
teeth. The yellow, 8-10 ray flowers come on the stem spices or axiles in
April to July. It closely resembles the sunflower but has the daisy
chracteristic of closing the flower heads at night and opening them in bright
sunlight.
[上・中1〜3] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」
にて、2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp