えんじゅ (槐)

Sophora japonica

Sophora japonica

Sophora japonica

Sophora japonica

Sophora japonica

Sophora japonica

Sophora japonica

Sophora japonica

中国が原産です。わが国でも古くから植栽されています。「はりえん
じゅ(針槐)」に似ていますが棘がありません。高さは20メートルほど
になり、葉は奇数羽状複葉で4〜7対の卵形の小葉があります。7月
から8月ごろ、枝先に円錐花序をだし、黄白色の蝶形花を咲かせま
す。果実は豆果で、数珠状に括れます。
マメ科クララ属の落葉高木で、学名は Sophora japonica。
英名は Japanese pagoda tree。
Japanese pagoda tree (Sophora japonica) belongs to the Fabaceae (the
Pea family). It is a tall deciduous tree that is native to China. It has been
planted in Japan from long ago. It resembles "Black locust" closely, though
it is spinless. This tree can reach about 20 m in height. The leaves are
impari-pinnate with 4-7 pairs of ovate leaflets. The panicles are borne on
the terminal branches, and the yellowish-white papilionacenous flowers
bloom in July and August. The fruits are beaded seed pods.
[上・中1〜3] 東京都文京区「小石川植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[中4〜6・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年08月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp