えのころぐさ (狗尾草)

Setaria viridis

Setaria viridis

Setaria viridis

Setaria viridis

Setaria viridis

ヨーロッパから東アジアにかけて分布しています。わが国でも各地の
道端や空き地にふつうに見られます。高さは50〜80センチほどに
なり、8月から11月ごろ、茎の先に緑色の穂状花序をつけます。穂
の先はやや垂れます。関東地方では「猫じゃらし」とも呼ばれます。
イネ科エノコログサ属の一年草で、学名は Setaria viridis。
英名は Green bristle grass。
Green bristle grass (Setaria viridis) belongs to Poaceae (the Grass family).
It is an annual herb that is native from Europe to East Asia. This herb can
be found commonly in the roadsides and openings, and can reach 50-80
cm in height. Green spikes are borne on the top of stems from August to
November. They are weeping at the tip of flowering clusters.
[上・中1〜2] 茨城県潮来市あやめにて、2008年08月02日撮影。
[中3・下] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年09月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp