えんれいそう (延齢草)

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

Trillium smallii

わが国の各地をはじめ、南千島やサハリンに分布しています。山地の湿った林内に生え、高さは20〜40センチほどになります。卵状菱形の大きな葉が茎頂に3個輪生します。4月から5月ごろ、緑色または紫褐色の花を咲かせます。外花披片は3個あり、内花披片はふつうありません。この外花披片は果期まで落ちません。
ユリ科エンレイソウ属の多年草で、学名は Trillium smallii。
英名はありません。
"Enrei-so" (Trillium smallii) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native throughout Japan, as well as the southern Kuril Islands and Sakhalin. This herb grows in mountain wettish forests and can reach 20-40 cm in height. The leaves are ovate-diamond and arranged in three whorled at the tip stems. The green or purplish brown flowers bloom from April to May. The corolla has only three outer tepals and remain through fruit season.
[上・中1] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年06月02日撮影。
[中2・中3] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2005年07月14日撮影。
[中4] 同上にて、2006年08月02日撮影。
[中5] 長野県小谷村中土「雨飾高原」にて、2006年08月02日撮影。
[中6] 群馬県片品村戸倉「尾瀬ヶ原」にて、2012年06月10日撮影。
[中7〜中9] 福島県いわき市「往生山」にて、2014年04月20日撮影。
[中10・中11] 群馬県片品村「至仏山」にて、2015年07月04日撮影。
[中12・中13] 群馬県片品村戸倉「川上川」にて、
2015年07月05日撮影。
[中14〜15・下] 山形県南陽市元中山にて、2016年04月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp