エパクリス・ロンギフローラ

Epacris longiflora

Epacris longiflora

Epacris longiflora

Epacris longiflora

Epacris longiflora

Epacris longiflora

オーストラリアの東部、ニューサウスウェールズ州とクイーンズランド州の南部に分布しています。荒れ地や明るい林に生え、高さは1メートルほどになります。葉は小さく、三角形をしています。自然では一年中、葉腋から花序をだし、先端が白色で全体が紅赤色の筒状花を下垂して咲かせます。 
エパクリス科エパクリス属の常緑小低木で、学名は Epacris longiflora。英名は Fuchsia heath、Native fuchsia。 
Fuchsia heath (Epacris longiflora) belongs to the family Epacridaceae. It is an evergreen shrub that is native to eastern Australia (New South Wales and southern Queensland). This shrub grows in wastelands and open forests, and it can reach about 1 m in height. The leaves are small and triangular in shape. The flowers are tubular, bright red with white tips, and bloom descending at the axilary clusters in the at any time of the year. 
[上・中2〜3] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2006年09月17日撮影。(photo by Yumi Gunji)。
[中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年03月30日撮影。
[中4・下] 同上にて、2013年05月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp