エピロビウム・アルシニフォリウム [Index] [Back]

Epilobium alsinifolium

Epilobium alsinifolium

Epilobium alsinifolium

Epilobium alsinifolium

ヨーロッパに分布しています。山地の湿地や沼地に生え、高さは10〜25センチになります。茎は無毛で、葉は卵状披針形をしています。縁には粗い鋸歯があります。夏にピンク色の花を咲かせますが、つぼみのうちはうつむき加減です。
アカバナ科アカバナ属の多年草で、学名は Epilobium alsinifolium。
英名は Chickweed willowherb。
Chickweed willowherb belongs to Onagraceae (Evening primrose family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb occurs in montane bogs or marches and can reach 15-25 cm in height. The stem is glabrous, and the leaves are ovate-lanceolate with remotely dentate edges. The pink flowers come in summer and somewhat nodding in bud.
[上・中1〜2] スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプ
ゼー」にて、2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ベルン州・ミューレンにて、2007年06月29日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp