エリヌス・アルピヌス (岩唐草)

Erinus alpinus

Erinus alpinus

Erinus alpinus

Erinus alpinus

Erinus alpinus

Erinus alpinus

Erinus alpinus

Erinus alpinus

ヨーロッパアルプス、アペニン山脈やピレネー山脈に分布しています。標高1200〜2300メートルの草地に生え、高さは5〜10センチほどになります。下部の葉は倒卵状披針形で葉柄があります。茎葉は無柄です。春から初夏にかけて、紫色の花を咲かせます。園芸品種も多く、白色や紅色、すみれ色などの花色があります。和名では「いわからくさ(岩唐草)」と呼ばれます。 
ゴマノハグサ科イワカラクサ属の多年草で、学名は Erinus alpinus。
英名は Alpine balsam。 
Alpine balsam (Erinus alpinus) belongs to the Scrophulariaceae (the Figwort family). It is a perennial herb that is native to the Alps, the Apennine and the Pyrenees mountais in Europe. This herb grows in grasslands 1200-2300 m elevation and can reach 5-10 cm in height. The lower leaves are obovate-lanceolate and petiolated. The cauline leaves are sessile. The purple flowers come in spring to early summer. There are many cultivars with white, rose-pink or violet flower colors. 
[上] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年04月28日撮影。
[中1] 同上にて、2006年03月28日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年09月07日撮影。
[中3・中4] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、
2004年04月11日撮影。
[中5・中6] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2013年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・スコットランド「スカイ島」にて、
2016年05月31日撮影。(photo by Jouette Travis)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp