エリゲロン・グラウクス

Erigeron glaucus

Erigeron glaucus

Erigeron glaucus

Erigeron glaucus

Erigeron glaucus

Erigeron glaucus

Erigeron glaucus

アメリカのオレゴン州からカリフォルニア州に分布しています。海岸の砂浜や断崖に生え、高さは5〜30センチになります。茎はふつう途中から分枝し、腺毛が生えています。葉は広い倒卵形からさじ形で、浅い鋸歯があります。4月から8月ごろ、花茎を伸ばして白色から紫色、青色の頭花を咲かせます。
キク科ムカシヨモギ属の多年草で、学名は Erigeron glaucus。
英名は Seaside daisy、Seaside fleabane。
Seaside daisy (Erigeron glaucus) belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native southward from Oregon to California. This herb grows on coastal dunes or cliffs and can reach 5-30 cm in height. The stem is usually branched at middle part and covered with glandular hairs. The leaves are broad-obovate to spathulate with shallow toothed edges. The stalk is borne and blooms white, purple or blue flower-heads from April to August.
[上・中1] アメリカ・カリフォルニア州カーメルにて、
2007年10月06日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中2] アメリカ・カリフォルニア州「ポイントロボス州立公園」にて、
2004年04月13日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中3] 同上にて、2004年04月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4〜5・下] アメリカ・カリフォルニア州「パシフィックグローブ」にて、2009年06月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp