エリカ・グラキリス

Erica gracilis

Erica gracilis

Erica gracilis

南アフリカが原産です。高さは50〜60センチになり、よく分枝して、
針状の葉を輪生させます。夏と冬の2回、枝先に小さな壺形の花を
いっぱい咲かせます。花色はピンク色や白色、紅色などがあります。
「じゃのめエリカ」に似ていますが、葯は紫褐色でそれほど目立ちま
せん。ヨーロッパでは、冬にウインドウボックスや墓地などを飾る、最
もポピュラーな花木となっています。
ツツジ科エリカ属の常緑小低木で、学名は Erica gracilis。
英名は Cape heath。
Cape heath (Erica gracilis) belong to the Ericaceae (the Azalea family). It is
an evegreen shrub that is native to South Africa. This shrub is much-
branched, bears needle-like leaves in annular, and can reach 50-60 cm in
height. The many, small, urn-shaped flowers bloom at the terminal branches
in twice a year, summer and winter. The flower color is pink, white or rose
pink. The anthers are purplish brown and less of visible, though it
resembles to the heath. In Europe the Cape heath is a most popular
flowering tree which is decorated widow boxes or graveyards in winter.
[上・中] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月23日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp