エリゲロン・ペレグリヌス [Index] [Back]

Erigeron peregrinus

Erigeron peregrinus

北アメリカの西部、アラスカ州からコロラド州、カリフォルニア州にかけて分布しています。山地の草原や斜面に生え、高さは10〜45センチになります。葉は披針形からさじ形で、無毛かわずかに毛があります。夏を通じて、ひとつの花序に1〜4個の頭花を咲かせます。頭花には、黄色い中心花と、100個以上の紫色かがったまたは白色の舌状花の縁飾りがあります。
キク科ムカシヨモギ属の多年草で、学名は Erigeron peregrinus。
英名は Subalpine fleabane。
Subalpine fleabane (Erigeron peregrinus) belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to western North America from Alaska to Colorado to California. This herb grows in mountain meadows and talus斜面, and it can reach 10-45 cm in height. The leaves are lanceolate to spathulate, hairless or sparsely hairy. The one to four flower heads blooms in inflorescence through all summer. It has a a center of golden yellow disc florets and a fringe of up to 100 ray florets in shades of purple or white.
アメリカ・カリフォルニア州「ヨセミテ国立公園」にて、
2008年08月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp