エリンギウム・アガウィフォリウム [Index] [Back]

Eryngium agavifolium

Eryngium agavifolium

Eryngium agavifolium

Eryngium agavifolium

アルゼンチンが原産です。塩害に強く、高さは1〜1.5メートルになります。葉は「りゅうぜつらん」に似ています。剣状で棘のような鋸歯があり、光沢のある濃緑色です。夏に円筒状の散形花序をだし、緑白色の花を咲かせます。
セリ科ヒゴタイサイコ属の常緑多年草で、学名は Eryngium agavifolium。英名は Agave-leaved sea holly。
Agave-leaved sea holly belongs to Apiaceae (Carrot family). It is an evergreen perennial herb that is native to Argentina. This herb is salt tolerant and can reach 1-1.5 m in height. The leaves are glossy deep green and sword-shaped with spiny toothed edges. The cylindrical umbels are borne and bloom greenish white flowers in summer.
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2007年06月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp