エリスロニウム・アルビドゥム [Index] [Back]

Erythronium albidum

Erythronium albidum

北アメリカの東部、ケベック州・マニトバ州南部から南へジョージア州それにテキサス州に分布しています。落葉樹林や林地のなだらかな斜面などに生え、高さは10〜15センチになります。葉は披針形で濃緑色、紫色の斑模様があります。春の盛りから終わりにかけて、白色のユリのような花を咲かせます。花冠には、6個の花披片、6個の雄しべそれに長く黄色い柱頭があります。
ユリ科カタクリ属の多年草で、学名は Erythronium albidum。
英名は White fawnlily。
White fawnlily (Erythronium albidum) belongs to the family Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to eastern North America, from southern Quebec and southern Manitoba south to Georgia and Texas. This herb grows in deciduous woodlands and gentle slopes in wooded areas, and it can reach 10-15 cm in heght. The leaves are lanceolate, dark green and covered with a mottled pattern of purple blotches. The white, lily-like flowers bloom in mid to late spring. The collora consists of 6 white tepals, 6 stamens with long yellow anthers.
アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2014年03月10日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp