エリンギウム・エブルネウム [Index] [Back]

Eryngium eburneum

Eryngium eburneum

Eryngium eburneum

南アメリカのブラジルからウルグアイ、アルゼンチンが原産です。高さは180〜240センチになります。葉には棘状の縁があり、ロゼットを形成します。早春に、壮大な花茎を伸ばし、花序に淡い緑色の球形の花を咲かせます。切り花はフラワーアレンジメントに利用されます。
セリ科ヒゴタイサイコ属の多年草で、学名は Eryngium eburneum。英名は Sea holly。
Sea holly belongs to Apiaceae (Carrot family). It is a perennial herb that is native to South America, Brazil to Uruguay, Argentina. This herb can reach 180-240 cm in height. The leaves form rosette which composed of spiny-edged green foliage. The massive flower spikes emerge in early spring, and the light green globose flowers come on the spikes. These flowers used for cut flower arragement.
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp