エリンギウム・ギガンテウム [Index] [Back]

Eryngium giganteum

Eryngium giganteum

Eryngium giganteum

コーカサス地方からイランに分布しています。高さは90〜150センチになります。葉は卵形で、縁には棘状の鋸歯があります。7月から9月ごろ、筒状の散形花序をだし、淡い青色の花を咲かせます。花序の周りには、大きくて棘のある銀色の苞葉がつきます。
セリ科ヒゴタイサイコ属の多年草で、学名は Eryngium giganteum。
英名は Miss Willmott's ghost。
Miss Willmott's ghost belongs to Apiaceae (Carrot family). It is a perennial herb that is native to Caucasus and Iran. This herb can reach 90-150 cm in height. The leaves are ovate with spiny toothed edges. The cylindrical umbels are borne and bloom pale blue flowers from July to September. The clusters are surrounded by large, prickly and silvery bracts.
長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp