エウパトリウム・ヒッソピフォリウム [Index] [Back]

Eupatorium hyssopifolium

Eupatorium hyssopifolium

Eupatorium hyssopifolium

北アメリカの中・東部、マサチューセッツ州からフロリダ州、そしてテキサス州に分布しています。乾燥した野原に生え、高さは60センチほどになります。葉は線状披針形で葉柄がなく、対生します。花は白色で、中心花だけで舌状花はなく、8月から9月に咲きます。全草が、は虫類や昆虫に咬まれたときの塗り薬として利用されています。
キク科ヒヨドリバナ属の常緑小低木で、学名は Eupatorium hyssopifolium。英名は Hyssopleaf thoroughwort。
Hyssopleaf thoroughwort (Eupatorium hyssopifolium) belongs to the family Asteraceae (the Aster family). It is an evergreen shrub that is native to central and eastern North America, Massachusetts to Florida and Texas. This shrub grows in dry fields, and it can reach about 60 cm in height. The leavese are linear-lanceolate, sessile and arranged in opposite. The flowers are white, with disc florets and no ray florets, and bloom from August to September. The entire plant is applied externally as a remedy for the bites of reptiles and insects.
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp