えぞのかわらまつば (蝦夷の河原松葉)

Galium verum var. trachycarpum

Galium verum var. trachycarpum

Galium verum var. trachycarpum

Galium verum var. trachycarpum

わが国の北海道と本州に分布しています。やや砂地の草原や河原
などに生え、高さは30〜80センチになります。葉は線形で光沢があ
り、輪生します。7月から8月ごろ、茎の上部の花序に白色から淡黄
色の小さな花を咲かせます。
アカネ科ヤエムグラ属の多年草で、学名は Galium verum var.
trachycarpum。英名はありません。
"Ezo-no-kawara-matsuba" (Galium verum var. trachycarpum) belongs to
the Rubiaceae (the Madder family). It is a perennial herb that is distributed
in Hokkaido and Honshu of Japan. This herb grows in sandy grasslands or
streambanks and can reach 30-80 cm in height. The leaves are linear,
glossy and arranged in whorled. The white to pale yellow, small flowers
bloom in the inflorescences on the upper stems from July to August.
[上・中1] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2010年07月25日撮影。
[中2] 同上にて、2004年07月03日撮影。
[下] 同上にて、2005年07月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp