えぞのみずたで (蝦夷の水蓼)

Persicaria amphibia

Persicaria amphibia

Persicaria amphibia

Persicaria amphibia

わが国の本州、東北地方以北から北海道、それに千島列島や北半
球に広く分布しています。池沼や湿地に生え、ふつうは「ひるむしろ」
のように葉を浮かべています。7月から8月ごろ、水面から伸びた茎
の先に穂状花序をつけ、淡紅色の花を咲かせます。
タデ科イヌタデ属の多年草で、学名は Persicaria amphibia。
英名は Water smartweed, Knotweed。
Water smartweed belongs to Polygonaceae (Knotweed family). It is a
perennial herb that is distributed northward from Tohoku district of Honshu
to Hokkaido of Japan, Kuril Islands and Northern Hemisphere. This herb
occurs in ponds and marshes, usually floats its leaves on the water surface.
The spikes are borne on the stems and bloom pale rose pink flowers from
July to August.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年09月25日撮影。
[中2] 同上にて、2006年11月30日撮影。
[下] 同上にて、2005年07月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp