えぞかわらなでしこ (蝦夷河原撫子)

Dianthus superbus var. superbus

Dianthus superbus var. superbus

Dianthus superbus var. superbus

Dianthus superbus var. superbus

Dianthus superbus var. superbus

Dianthus superbus var. superbus

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それにアジア北部からヨ
ーロッパに分布しています。山地の日当たりのよいところに生え、高
さは30〜50センチになります。葉は広線形で基部は茎を抱きます。
6月から8月ごろ、茎頂に淡紅色の花を咲かせます。「かわらなでし
こ」と似ていますが、花弁が半分くらい細裂して、その基部に紅色の
毛がまばらに生え、花苞が2〜3対で先端が短く尖ります。
ナデシコ科ナデシコ属の多年草で、学名は Dianthus superbus var.
superbus。英名は Fringed pink。
Fringed pink (Dianthus superbus var. superbus) belongs to the
Caryophyllaceae (the Carnation family). It is a perennial herb that is
distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido, also
northern Asia to Europe. This herb grows in sunny mountane places, and
can reach 30-50 cm in height. The leaves are broad linear, and enfold
stems at the bases. The pale rose pink flowers bloom on the stem apices
from June to August. The half of petal is finely dissected, and has sparse,
rose pink hairs at its base. The flower bracts are arranged 2-3 pairs with
short acute tips.
[上] 北海道北見市常呂町「ワッカ原生花園」にて、
2009年08月04日撮影。(photo by Aya Nishizawa。
[中1] 長野県伊那市長谷黒河内「黒河内林道」にて、
2006年08月24日撮影。
[中2・中3] 長野県大鹿村大河原「鳥倉山」にて、
2005年09月22日撮影。
[中4・下] 長野県塩尻市片丘「高ボッチ高原・鉢伏山」にて、
2005年09月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp