えぞのちちこぐさ (蝦夷の父子草)

Antennaria dioica

Antennaria dioica

Antennaria dioica

Antennaria dioica

わが国やヨーロッパをはじめ、北半球に広く分布しています。高山帯に生え、高さは5〜20センチになります。葉はやや小さな披針形で、灰緑色をしています。全体に白い細毛で被われます。6月から8月ごろ、茎の先に散房花序をつけ、白色またはピンク色の頭花を咲かせます。 
キク科エゾノチチコグサ属の常緑多年草で、学名は Antennaria dioica。英名は Catsfoot。 
Catsfoot (Antennaria dioica) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is an evergreen perennial herb that is distributed to Japan, Europe and the Northern Hemisphere. This herb grows in alpine zone and it can reach 5-20 cm in height. The leaves are small lanceolate and grayish green. The all parts of plant are covered with white fine hairs. The corymbs are borne on the stem apices, and the white or pink flower-heads bloom from June to August. 
[上・中1] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2009年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、
2003年06月15日撮影。
[下] イギリス・スコットランド・アビモアにて、2016年06月04日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp