えぞのよつばむぐら (蝦夷の四葉葎) [Index] [Back]

Galium kamtschaticum

Galium kamtschaticum

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それに朝鮮半島や千島列島、カムチャッカ半島、北アメリカ北部に分布しています。亜高山帯の林内に生え、高さは10〜20センチになります。茎には4稜があり、直立します。葉は小さな広倒卵形で、4個が輪生します。6月から7月ごろ、上部の葉腋から集散花序をだし、小さな淡黄緑色の花を咲かせます。花冠の先は4裂します。
アカネ科ヤエムグラ属の多年草で、学名は Galium kamtschaticum。
英名は Boreal bedstraw。
Boreal bedstraw belongs to Rubiaceae (Madder family). It is a perennial herb that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido of Japan, Korean Peninsula, Kuril Islands, Kamchatska Peninsula and northern North America. This herb occurs in subalpine forests and can reach 10-20 cm in height. The stem is quadrangular and erect. The leaves are small broad-obovate and four whorled. The cymes are borne on the upper axiles and bloom pale yelowish-green flowers from June to July. The corolla is four-lobate.
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷「西穂高岳」にて、
2007年08月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp