イベルビレア・ソノラエ (笑い布袋) [Index] [Back]

Ibervillea sonorae

Ibervillea sonorae

メキシコの北西部が原産です。乾燥した地域に生え、茎は肥大して、軸部と呼ばれる水分や養分などの貯蔵器官を形成します。古い軸部は、直径90センチ以上になります。軸部は何年もの間、休眠し続け、たまたま季節的な雨にあうと、3メートル以上の蔓を伸ばして葉をつけます。根は糖尿病の治療薬として使用されてきました。園芸上は「わらいほてい(笑い布袋)」と呼ばれます。
ウリ科イベルビレア属の多年草で、学名は Ibervillea sonorae。
英名は Coyote melon。
Coyote melon belongs to Cucurbitaceae (Gourd family). It is a perennial herb that is native to northwestern Mexico. This herb occurs in arid areas and the stem is swollen called a caudex that stores reserves of water and food. Old caudex may be up to 90 cm in diameter. It remains dormant throughout much of the years, occasionally with seasonal rains, the leaves emerge from the caudex on climbing stems over 3 m long. The roots have been used for medicines of diabetes.
静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp