アイスプラント [Index] [Back]

Mesembryanthemum crystallinum

Mesembryanthemum crystallinum

Mesembryanthemum crystallinum

Mesembryanthemum crystallinum

Mesembryanthemum crystallinum

Mesembryanthemum crystallinum

Mesembryanthemum crystallinum

Mesembryanthemum crystallinum

南アフリカが原産です。海岸の砂地や塩性湿地などに生えて、高さは10〜30センチになります。丈夫な多肉質の植物で、密に平伏して広がります。全体に気泡細胞による乳頭状突起に被われ、きらきら輝いて見えます。根生葉は大きく角張った心形で、茎葉はより小さなものです。春から初夏にかけて、茎頂にひとつの花を咲かせます。花には5個の萼片と白色の糸のような花弁が多数あります。花弁は時がたつと赤みを帯びてきます。ふつうはC3型光合成を行っていますが、水分の欠乏や塩分のストレスによって、CAM型光合成に変換することができます。葉には酸味とわずかな塩味があり、食用になります。
ツルナ科メセンブリアンテムム属の一年草または多年草で、学名は Mesembryanthemum crystallinum。
英名は Common iceplant, Crystalline iceplant。
Common iceplant (Mesembryanthemum crystallinum) belongs to Aizoaceae (the Iceplant family). It is an anuual or perennial herb that is native to South Africa. This herb grows in maritime sands or salt marshes and can reach 10-30 cm in height. It is robust succulent and dense prostrate to 1 m wide. The plant is densely papillose with large bladder cells and a glistening appearance. The basal leaves are large angular heart-shaped and the cauline leaves are smaller. The solitary flowers come on the stem apices from spring to early summer. They have five sepals and masses of white threadlike petals that age to reddish. The plant usually uses C3 photosynthesis but when it becomes water or salt stressed it is able to switch to CAM photosynthesis. The leaves have an acid flavour with a slightly salty taste and they are edible.
[栽培方法] 発芽適温は18〜20℃、生育適温は5〜25℃です。夏季に気温が30℃を超える日が続くと、下葉が枯れあがり株が弱ってきます。ふつう2月から3月と9月ごろがまき時です。種子が小さいので、覆土はタネがかくれる程度に薄く掛けます。また発芽にバラツキがあるので、発芽後、生育のよい苗から3号ポットに移植します。本葉が4〜5枚になったころ、鉢やプランターに定植しますが、雨のかからない日当たりの良い場所におき、表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。株がある程度大きくなったころ(株の直径が20〜25センチくらい)、水やりを5〜7日に1回に制限してCAM化させます。CAM化させると、成長スピードがやや落ち、戻ることはありません。孫づるが伸びてきたら、それを摘み取って収穫します。サラダのほか、天ぷらや八宝菜、炒め物などにも利用できます。
[上・中1] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年06月13日撮影。
[中2] 同上にて、2009年06月09日撮影。
[中3] 同上にて、2009年05月21日撮影。
[中4] 同上にて、2009年05月10日撮影。
[中5〜6・下] 同上にて、2009年07月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp