イエライシャン (夜来香)

Telosma cordata

Telosma cordata

Telosma cordata

Telosma cordata

Telosma cordata

Telosma cordata

Telosma cordata

中国南部からベトナム、インドにかけて分布しています。細い茎は5メートルにも伸びます。薄い葉は心形で対生し、長い柄があります。8月から10月ごろ、葉腋に散形花序をつけ、淡い黄緑色の花を咲かせます。芳香があり、とくに夜になると香ります。香水としても利用されるそうです。別名で「トンキンかずら(東京葛)」とも呼ばれます。 
ガガイモ科テロスマ属の常緑蔓性低木で、学名は Telosma cordata。
英名は Tonkin flower、Night-fragrant flower。 
Tonkin flower (Telosma cordata) belongs to the Asclepiadaceae (the Milkweed family). It is an evergreen woody vine that is native from southern China to Viet Nam and India. The slender stems grow about 5 m long. The leaves are thin, cordate with long petioles. The pale yellowish-green flowers bloom in umbels from August to October. The flowers are scented, and the aroma gets up in night. They are used for making perfume. 
[上] 京都府精華町「京都フラワーセンター」にて、
2005年08月22日撮影。
[中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年08月16日撮影。
[中2〜5・下] 千葉県香取市大角にて、2016年07月08日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp