いけがきせいようさんざし (生垣西洋山査子) [Index] [Back]

Crataegus monogyna

Crataegus monogyna

Crataegus monogyna

Crataegus monogyna

Crataegus monogyna

ヨーロッパのほとんどや北アフリカ、アジアの西部に分布しています。森林や低木帯に生え、高さは10メートルほどになります。葉は光沢のある濃緑色で、卵形から倒卵形、3〜7深裂します。晩春、枝先の散房花序に白色の花を咲かせます。葯は淡い紅色です。果実は広楕円形のなし状果で、秋に赤く熟します。
バラ科サンザシ属の落葉高木で、学名は Crataegus monogyna。
英名は Common hawthorn。
The Common hawthorn (Crataegus monogyna) belongs to tR osaceae (the Rose family). It is a tall deciduous tree that is native to most of Europe, North Africa and western Asia. This tree grows in woodlands and scrubs, and can reach about 10 m in height. The leaves are glossy dark green, ovate to obovate and divided into 3-7 deeply lobed. The white flowers bloom in the terminal corymbs in late spring. The anthers are pale rose pink. The fruits are broad elliptic pomes and ripen red in fall.
[上・中1] クロアチア・ドゥブロニク「スルジ山」にて、
2012年05月04日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中2〜3・下] イギリス・ランカシャー州ストーニーハーストカレッジ
にて、2015年05月23日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp