イリマ

Sida fallax

Sida fallax

Sida fallax

ハワイ諸島のオアフ島、それにハワイ島やマウイ島が原産です。高
さは1.2メートルほどになり、標高600メートル以上にまで分布して
います。心形の葉は明るい緑色で、縁がわずかに波打ちます。葉腋
から花柄を伸ばして、「ハイビスカス」に似た小さな花を咲かせます。
花色は黄色からオレンジ色をしています。オアフ州の州花で、レイの
材料として使われてきました。
アオイ科キンゴジカ属の常緑小低木で、学名は Sida fallax。
英名は Ilima, Yellow ilima。
[上・中] ニューヨーク「ブルックリン植物園」にて、
2002年10月13日撮影。
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2003年02月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp