いもねのほしあさがお (芋根の星朝顔)

Ipomoea trichocarpa

Ipomoea trichocarpa

Ipomoea trichocarpa

アメリカの南部、ノースカロライナ州からテキサス州、それにメキシコ
にかけて分布しています。またわが国でも、本州の中部地方以西か
ら九州に帰化しています。草原や茂み、道ばたなどに生え、蔓性で
4.5メートルほどに伸びます。葉は3裂するものとしないものの2形
があります。5月から10月ごろ、直径2.5〜4センチの漏斗形の花
を咲かせます。花冠はピンク色で、濃い赤紫色の咽部が特徴です。
ヒルガオ科サツマイモ属の多年草で、学名は Ipomoea trichocarpa。
英名は Tievine, Wild morning glory。
Tievine (Ipomoea trichocarpa) belongs to the Convolvulaceae (the
Bindweed family). It is a perennial herb that is native to southern United
States, from North Calorina to Texas and Mexico. It is also naturalized into
Japan, and distributed westward from Chubu district of Honshu to Shikoku
and Kyushu. This herb is a vine and grows in grasslands, thickets or
roadsides, and can reach about 4.5 m long. The leaf features have two
types, trolobate and undivided. The funnel-shaped, 2.5-4 cm across
flowers bloom from May to October. The corolla is pink with dark
magenta throat.
[上・中] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2006年09月29日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp