いもさんご (芋珊瑚)

Jatropha podagrica

Jatropha podagrica

Jatropha podagrica

Jatropha podagrica

Jatropha podagrica

Jatropha podagrica

Jatropha podagrica

Jatropha podagrica

中央アメリカや西インド諸島が原産です。高さは45センチほどになりますが、茎の下部は膨れてとっくり型です。葉は円形に近い卵形で長い葉柄があり、掌状に3〜5深裂します。秋に、サンゴのような集散花序をだし、朱色の花を咲かせます。別名で「さんごあぶらぎり(珊瑚油桐)」とも呼ばれます。
トウダイグサ科ヤトロファ属の常緑多年草で、学名は Jatropha podagrica。英名は Tartogo、Coral nut、Australian bottle plant。
Tartogo belongs to the family Euphorbiaceae (the Spurge family). It is an evergreen perennial herb that is native to Central America and the West Indies. Mature stems have swollen base like liquor bottle and can reach about 45 cm in height. Leaves are roundish ovate with long petioles and divided into 3-5 lobes palmately. Coralloid cymes with vermillion flowers come in fall.
[上・中1] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年01月06日撮影。
[中2] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中4・中5] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2009年09月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年07月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp