インパチェンス・アウリコマ [Index] [Back]

Impatiens auricoma

Impatiens auricoma

インド洋西部のコモロ諸島が原産です。分枝して潅木状になり、高さは40〜50センチになります。葉は光沢のある披針形で、長い葉柄がつきます。花は「つりふねそう」に似たかたちで鮮やかな濃黄色、咽部に赤色の筋が入ります。温度さえあれば、いつでも開花しています。「ジャングルゴールド(cv. Jungle Gold)」や「アフリカンクイーン(cv. African Queen)」といった園芸品種があります。
ツリフネソウ科ツリフネソウ属の多年草で、学名は Impatiens auricoma。英名は Yellow impatiens。
Yellow impatiens belongs to Balsaminaceae (Balsam family). It is a perennial herb that is native to Comoro Islands, western Indian Ocean. This is a bushy plant and can reach 40-50 cm in height. The leaves are glossy and lanceolate with long petioles. The flowers are balsam shaped, bright butter-yellow with red striped throat and always in bloom. Some cultivars are breeded, such as 'Jungle Gold' and 'African Queen'.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp