インパチェンス・コンゴレンシス

Impatiens congolensis

Impatiens congolensis

Impatiens congolensis

アフリカのコンゴが原産です。高さは45〜90センチになります。温
度があれば周年、葉腋に赤と黄色のツートンカラーの花を咲かせま
す。長い距が目立ちます。詳細な情報は見あたりません。
ツリフネソウ科ツリフネソウ属の常緑多年草で、学名は Impatiens
congolensis。英名は Congo cockatoo, Parrot plant。
Congo cockatoo (Impatiens congolensis) belongs to the Balsaminaceae
(the Balsam family). It is an evergreen perennial herb that is native to
Congo in Africa. This herb can reach 45-90 cm in height. The red and
yellow two-toned flowers bloom on the axils year-round if the temperature
keeps comfortable. We cannot found more information about this species.
[上・中] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2003年12月23日撮影。
[下] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp