インガ・エドゥリス [Index] [Back]

Inga edulis

Inga edulis

南アメリカのアマゾン流域が原産です。熱帯雨林や河岸などに生え、高さは18メートル以上になります。葉は羽状複葉です。密生した穂状花序に花を咲かせ、果実は稜のある円筒形の莢果です。果肉は甘く、食用になります。葉や種子は、関節炎やリューマチ、下痢などの民間薬として用いられます。
マメ科インガ属の常緑高木で、学名は Inga edulis。英名は Ice cream bean。
Ice cream bean belongs to Fabaceae (Pea family). It is an evergreen tall tree that is indigenous to the Amazon. This tree occurs in the rainforests and riverbanks and can reach up to 18 m in height. The leaves are pinnate compounds. The flowers grow in dense spikes and the fruits are ribbed cylindrical pods. This sweet pulp are edible. The leaves and seeds are used against arthritis, rhumatism and diarrhea.
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp