インドゴムのき (インドゴムの木)

Ficus elastica

Ficus elastica

Ficus elastica

Ficus elastica

インドからビルマ、マレー半島が原産です。高温多湿を好み、高さは
20〜25メートルになります。成木では、横に走る根の背面全体が
肥大して屏風のような板根(Buttress root)が形成されます。葉は厚い
革質で楕円形または長楕円形、表面には光沢があり互生します。ま
た新葉は赤い托葉に包まれています。18世紀までは、この樹木か
ら天然ゴムの原料を採取していましたが、現在ではトウダイグサ科
の「パラゴムノキ(Hevea brasiliensis)」に変わっています。
クワ科イチジク属の常緑高木で、学名は Ficus elastica。
英名は Rubber tree, India rubber fig。
Rubber tree belongs to Moraceae (Mulberry family). It is an evergreen tall
tree that is native to India, Burma and Malay Peninsula. This tree likes high
temperature and humidity, can reach 20-25 m in height. Mature trees form
buttress roots which are swollen looking like paravents. Leaves are thick
and leathery, elliptic or oblong, alternate, and glossy surface. New leaves
are covered with reddish stipules. Natural rubber had been made from this
tree until the 18th century, though change to the Para rubber tree (Hevea
brasiliensis) nowadays.
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1・中2] 同上にて、2006年02月22日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp