インドかりん (花梨)

Pterocarpus indicus

わが国の石垣島が北限で、東南アジアからインドに分布しています。
成長が早く、高さは20〜25メートルになります。葉は奇数羽状複葉
で、卵形から長楕円形の小葉が5〜9個つきます。3月から5月ご
ろ、総状花序をだし芳香のある黄色い蝶形花を咲かせます。カリン
材として、家具や工芸品に用いられます。フィリピンの国樹です。別
名で「インドシタン(紫檀)」とか「ヤエヤマシタン(八重山紫檀)」と呼ば
れます。
マメ科シタン属の常緑高木で、学名は Pterocarpus indicus。
英名は Burmese rosewood, Narra。
関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp