インサイドアウトフラワー [Index] [Back]

Vancouveria hexandra

Vancouveria hexandra

Vancouveria hexandra

Vancouveria hexandra

Vancouveria hexandra

アメリカの西部、ワシントン州からオレゴン州それにカリフォルニア州に分布しています。湿り気のある海岸の森林地に生え、高さは30〜45センチになります。葉は3出複葉から2回3出複葉で、9〜15個の薄く淡緑色から青緑色で3裂した小葉がつきます。5月から7月ごろ、開いた円錐花序に白色の花を俯きに咲かせます。花は6個の花弁と6個の萼片があり、後方に曲がります。属名は18世紀のイギリス探検家、ジョージ・バンクーバーに因みます。
メギ科アメリカイカリソウ属の多年草で、学名は Vancouveria hexandra。英名は Inside-out flower、American barrenwort。
Inside-out flower (Vancouveria hexandra) belongs to the family Berberidaceae (the Berberry family). It is a perennial herb that is native to western United States, from Washington, Oregon and California. This herb grows in moist coastal woodland areas, and it can reach 30-45 cm in height. The leaves are ternate to twice ternate with 9-15, thin, pale green to blue-green, three-lobed, heart-shaped leaflets. The drooping white flowers bloom in an open panicle in May to July. They have 6 petals and 6 sepals, and are swept backwards. The genus name honors George Vancouver, the 18th-century English explorer.
[上・中1] アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、
2013年06月15日撮影。
[中2〜3・下] アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、
2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp