インドとちのき (インド栃の木)

Aesculus indica

Aesculus indica

ヒマラヤ地方の北西部が原産です。森林や渓谷などに生え、高さは
30メートルほどになります。樹皮は灰色で平滑です。葉は掌状複葉
で、倒卵形から披針形の小葉が5〜7個つきます。短い小葉柄があ
るのが特徴です。初夏、大きな円錐花序をだし、白色から淡紅色の
花を咲かせます。長い雄しべが突き出します。
トチノキ科トチノキ属の落葉高木で、学名は Aesculus indica。
英名は Indian horse chestnut。
ニュージーランド・サウスランド地方「ミルフォードサウンド」にて、
2003年12月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp