いぬびゆ (犬びゆ)

Amaranthus lividus var. ascendens

Amaranthus lividus var. ascendens

熱帯アメリカが原産です。わが国へは、江戸時代の末期に渡来しま
した。いまでは日本各地に分布し、畑や道端にふつうに見られます。
茎は根本で分枝して斜めに立ち上がり、高さは30〜60センチにな
ります。茎は薄い茶褐色をしています。葉は菱状卵形で長い柄があ
り、先端がくぼみます。6月から10月ごろ、茎の先に穂状花序をだ
し、多数の花を密につけます。
ヒユ科ヒユ属の一年草で、学名は Amaranthus lividus var. ascendens。
英名は Livid amaranth, Slender amaranth。
大阪府四条畷市清滝中町にて、2002年09月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp