いぬどくさ (犬砥草)

Equisetum ramosissimum

Equisetum ramosissimum

Equisetum ramosissimum

Equisetum ramosissimum

わが国の本州から四国・九州それに朝鮮半島や中国、ヨーロッパ南
部、アフリカに分布しています。河原や海辺の日当たりの良い湿地に
生え、高さは60〜100センチになります。地下茎は地中を匍匐して
広がり、地上茎は直立します。茎は直径3〜5ミリの円筒形で節があ
り分枝します。4月から7月ごろ、茎頂に「つくし」のような胞子嚢をつ
けます。
トクサ科トクサ属の常緑シダ類で、学名は Equisetum ramosissimum。
英名は Branched horsetail。
Branched horsetail (Equisetum ramosissimum) belongs to Equisetaceae
(Horsetail family). It is an evergreen fern that is distributed from Honshu to
Shikoku and Kyushu of Japan, Korean Peninsula, China, southern Europe
and Africa. This fern occurs in sunny riverside, coastal marshes and can
reach 60-100 cm in height. The rhizomes spread under grounds and the
epigeal stems are erect. The stems are cylindrical 3-5 mm in diameter and
branched on the nodes. The spore spikes are borne at the apex of shoot
from April to July.
[上・中1・下] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年06月02日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市清滝にて、2005年09月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp