いぬがらし (犬芥子)

Rorippa indica

Rorippa indica

Rorippa indica

Rorippa indica

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、インドなどに分布していま
す。田んぼの畔や草地などのやや湿ったところに生え、高さは10〜
50センチほどになります。葉は長楕円形で柄があり、切れ込みがあ
ります。4月から9月ごろ、茎の先に黄色い十字形の花を咲かせま
す。名前は、花や果実が「カラシナ」に似ていることから。
アブラナ科イヌガラシ属の一年草で、学名は Rorippa indica。
英名はありません。
[上・中1] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、
2006年04月28日撮影。
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年07月27日撮影。
[下] 大阪府四条畷市下田原「ふれあいの森」にて、
2006年11月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp