いぬほおずき (犬酸漿)

Solanum nigrum

Solanum nigrum

Solanum nigrum

Solanum nigrum

Solanum nigrum

Solanum nigrum

Solanum nigrum

Solanum nigrum

Solanum nigrum

Solanum nigrum

Solanum nigrum

Solanum nigrum

わが国の各地および北半球に広く分布しています。道端や畑などにふつうに生え、高さは30〜60センチくらいになります。葉は広卵形で、縁には波状の鋸歯があります。8月から10月ごろ、小さな白色の花を咲かせます。果実は球状で、緑色から紫黒色に熟しますが、光沢がありません。全草にソラニン、果実に脂肪油などを含んでいて有毒です。
ナス科ナス属の一年草で、学名は Solanum nigrum。
英名は Black nightshade。
The Black nightshade (Solanum nigrum) belongs to the Solanaceae (the Nightshade family). It is an annual plant that is distributed widely, through Japan and the northern hemisphere. This herb grows generally on roadsides and fields, and can reach 30-60 cm in height. Leaves are broad ovate with wavy-toothed edges. August to October, small white flowers are seen. Fruits are round berries and ripen matt purplish-black. The plant contains toxic solanin, and the fruits contain toxic fatty oils.
[上・中1] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、
2003年10月19日撮影。
[中2・中4] 大阪府枚方市招提元町にて、2006年12月11日撮影。
[中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年09月05日撮影。
[中5〜中7] 千葉県香取市大角にて、2011年10月17日撮影。
[中9〜10・下] 同上にて、2013年12月05日撮影。
[中8] ギリシャ・スキアトスにて、2014年09月18日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp