いぬすぎな (犬杉菜) [Index] [Back]

Equisetum palustre

Equisetum palustre

Equisetum palustre

Equisetum palustre

Equisetum palustre

わが国の本州、関東地方・長野県以北から北海道、それにユーラシア大陸や北アメリカに分布しています。日当たりのよい湿地に生え、高さは20〜60センチになります。根茎は地下を伸び、広がります。節から数本の小枝を輪生します。4月から6月ごろ、栄養茎の先端に胞子嚢穂をつけます。
トクサ科トクサ属の多年草で、学名は Equisetum palustre。
英名は Marsh horsetail。
Marsh horsetail (Equisetum palustre) belongs to Equisetaceae (Horsetail family). It is a perennial herb that is distributed northward from Kanto district and Nagano prefecture of Honshu to Hokkaido, Eurasia and North America. This herb occurs in sunny marshes and can reach 20-60 cm in height. The rootstocks grow out and spread under ground. Several branchlets are borne verticillately on the nodes. The spore spikes are borne at the apex of shoot from April to June.
[上・中1〜2] 茨城県神栖市「波崎海岸」にて、
2008年05月27日撮影。
[中3・下] 茨城県神栖市谷田部にて、2008年03月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp