いぬたで (犬蓼)

Persicaria longiseta

Persicaria longiseta

Persicaria longiseta

Persicaria longiseta

Persicaria longiseta

Persicaria longiseta

わが国の各地と朝鮮半島、中国に分布しています。どこにでもよくある雑草です。道端や畑、荒れ地などに生え、高さは30〜40センチになります。花期は6月から10月ごろ。昔は「あかまんま」と呼んで、ままごとにも使いました。本物ではないとか質が劣るもの、役に立たないものに「イヌ」をという言葉をつけるようです。「おおいぬたで(大犬蓼)」より小さくて、花穂が短くて垂れません。 
タデ科イヌタデ属の一年草で、学名は Persicaria longiseta。
英名はありません。 
"Inu-tade" (Persicaria longiseta) belongs to the Polygonaceae (the Knotweed family). It is an annual herb that is native to Japan, the Korean Peninsula and China. It is a weed which can be found anywhere. This herb grows in roadsides, fields or waste lands and can reach 30-40 cm in height. Its flower season is June through October. It is smaller than the Curlytop knotweed (Persicaria lapathifolia) and its flowering spikes are short and not drooping. 
[上・中1・中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年11月10日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市下田原にて、2004年10月11日撮影。
[中4・下] 山形県小国町小玉川にて、2015年09月18日撮影。
(photo by Aya Seko) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp