いぬつげ (犬柘植)

Ilex crenata

Ilex crenata

Ilex crenata

Ilex crenata

Ilex crenata

Ilex crenata

Ilex crenata

Ilex crenata

Ilex crenata

Ilex crenata

Ilex crenata

Ilex crenata

わが国の本州以西から四国・九州それに朝鮮半島南部に分布しています。ふつうは低木ですが、まれに高さが15メートルほどになります。強い剪定にも耐えるため、刈り込みによる整形樹木として利用されています。葉は楕円形から長楕円形で互生し、縁には浅い鋸歯が数個あります。6月から7月ごろ、本年枝の葉腋に淡い黄白色の花を咲かせます。また果実は球形の核果で黒く熟します。名前は、「つげ(黄楊)」に似ていて材質が劣ることから。 
モチノキ科モチノキ属の常緑小高木で、学名は Ilex crenata。
英名は Japanese holly。 
The Japanese holly (Ilex crenata) belongs to the family Aquifoliaceae (the Holly family). It is a semi-tall evergreen tree that is native from Honshu west to Shikoku and Kyushu, as well as the southern Korean Peninsula. This tree is usually a small tree, rarely it can reach about 15 m in height. It is also tolerant severe pruning, and used as a topiary (trees molded into three dimensional forms). The leaves are alternate, elliptic to oblong with several low toothed edges. The pale yellowish-white flowers bloom in the axils of new branches from June to July. The fruits are globose drupes and ripen black. The Japanese common name is derived from "inu" (inferior) + "tsuge" (Japanese boxwood). 
[上・中1] 秋田県藤里町太良「駒ヶ岳」にて、2005年07月17日撮影。
[中2] 大阪府東大阪市上四条町「なるかわ園地」にて、
2005年10月23日撮影。
[中3] 愛知県豊田市岩崎町「葦毛湿原」にて、
2006年01月27日撮影。
[中4〜中7] 同上にて、2013年05月26日撮影。
[中8〜9・下] 福島県福島市「栂平」にて、2013年07月20日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp