イフェイオン・セロウィアヌム (黄花花韮) [Index] [Back]

Ipheion sellowianum

Ipheion sellowianum

Ipheion sellowianum

Ipheion sellowianum

Ipheion sellowianum

ブラジルの南部からウルグアイに分布しています。高さは10センチほどになります。鱗茎は球形です。葉は濃緑色で狭線形、5〜12センチの長さです。2月から3月ごろ、鮮やかな黄色い花を咲かせます。花には、3個の外花披片と3個の内花披片があります。別名で、「きばなはなにら(黄花花韮)」とも呼ばれます。
ユリ科ハナニラ属の多年草で、学名は Ipheion sellowianum。
英名はありません。
Ipheion sellowianum belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native from southern Brazil to Uruguay. This herb can reach about 10 cm in height. The bulb is globose. The leaves are dark gren, narrow linear 5-12 cm long. The bright yellow flowers bloom from Feburary to March. The flower has three outer tepals and three inner tepals.
[上・中1〜2] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年04月04日撮影。
[中3・下] 福島県いわき市「いわき市フラワーセンター」にて、
2010年01月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp