いらくさ (刺草)

Urtica thunbergiana

Urtica thunbergiana

Urtica thunbergiana

Urtica thunbergiana

Urtica thunbergiana

Urtica thunbergiana

わが国の本州、関東地方以西から四国、九州それに朝鮮半島に分
布しています。山地の林の中や縁に生え、高さは40〜100センチに
なります。茎には4稜があり、針状の刺毛がまばらに生えています。
対生する葉は卵形で、縁には大きな鋸歯があり先端が尾状に尖りま
す。また葉の表面には、短毛とともに刺毛が散在しています。9月か
ら10月ごろ、茎の上部に雌花序、下部に雄花序をつけます。この刺
毛に触れるとヒスタミンなどが分泌され、「焼けるような痛み」を感じま
す。
イラクサ科イラクサ属の多年草で、学名は Urtica thunbergiana。
英名はありません。
"Ira-kusa" (Urtica thunbergiana) belongs to the Urticaceae (the Nettle
family). It is a perennial herb that is distributed westward from Kanto
district of Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan, and also the Korean
Peninsula. This herb grows in montane forests or forest edges, and can
reach 40-100 cm in height. The stem is quadrangular and bears needle-like
stinging hairs sparsely. The leaves are ovate, opposite with large toothed
edges and cuneatic tips. They have scattering short hairs and stinging hairs
on the surfaces. The female clusters are borne on the upper stems and the
male clusters at the middle stems from September to October. This herb
excretes histamine from the stinging hairs, you may feel a burning pain if you
touch them accidentally.
[上・中1〜2] 千葉県香取市府馬にて、2010年02月23日撮影。
[中3〜4・下] 群馬県上野村楢原「ぶどう岳」にて、
2005年07月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp